読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

キューライス。

1985年生まれの男。漫画、イラスト、アニメーションなどを描きます。ご質問、ご依頼はこちらのアドレスにどうぞqraisqrais@gmail.com。       キューライス制作の短編アニメーション「すばらしい仕事」公開中https://www.youtube.com/watch?v=tWVb0_DdyrA

「ウサギと行く横浜・八景島日帰りの旅⑤~ぬっとりアシカとシロクマの忘れ物の真偽~」

素敵な海育体験を済ませた我々は残す最後のコーナー「ふれあいラグーン」へと向かう。文字通りここでは様々な海の仲間達に触ることができるのだ。 可愛い動物は取り敢えず触っておきたい私にとってはなかなか魅力あふれるコーナー。わきわきと私の右手も期待…

光った友達

休憩コーナー。うさぎとの旅はまだ続く。

「ウサギと行く横浜・八景島日帰りの旅④~釣り針外しの修羅の顔、恐怖の秒速フィッシング~」

そのあと、我々は「うみファーム」なる施設を訪れた。 「食育」ならぬ「海育」を推進することを目的としたこの場所では、どうやら自分で魚を釣ったりできるらしい。その証拠にこのコーナーの近辺ではスピーカーから「釣って取って食べる♫」とご陽気なメロデ…

「ウサギと行く横浜・八景島日帰りの旅③~海底に揺蕩う異星の生物XとうさぎのビタミンD~」

ところで、私が水族館で地味に好きな生き物のひとつが世界最大の節足動物タカアシガニだ。薄暗い水槽にのっぺりと佇む巨大な蟹の群は、蟹というより異星に生息する未知の生物のようで、ものすごく怖い。 小さい子供が水槽のそばに立つと思わず「危ない!逃げ…

「ウサギと行く横浜・八景島日帰りの旅②~コビレゴンドウ男はセイウチに恋をする~」

ショーを見終えると、我々はさっそくアクアミュージアムを順路に従って見て回ることにした。 ふと、入り口に置かれた「八景島シーパラダイス うみおみくじ」のガチャガチャが気になった、イルカを見てテンションが上がっていた私はさっそくやってみることに…

「ウサギと行く横浜・八景島日帰りの旅①~癒やし不足が引き起こすイルカ涙~」

新作短編アニメーション「鴨が好き」の仕上げ作業も残す所、約600枚になった2月の13日、私は心身ともに疲れ果てていた。 その疲労度は、行きつけの鍼灸院で担当に「キューライスさん、左の肩が盛り上がってますよ」と言われるレベル。 そう、私は癒しを必要…

大学

私は美術大学に自己推薦という枠で入学しました。 文字通り、大学に自分を自分で推薦するという、押し売り販売みたいな方法です。 だから、私が入試でしたことといえば、分厚いポートフォリオを作ることと、短編アニメーションを教授に見せること、それに面…

お知らせ 書籍のイラスト

こんにちは、LINEの友達は二人だけで、その内ひとりは母親のキューライスです。 本日より発売の『「めんどくさい」がなくなる脳』という書籍の表紙や挿絵を描かせていただきました。 お手にとって頂けたら幸いです。 これさえ読めばあなたもひとりで短編アニ…

漬かった友達

最近、たくあんが美味しいです。

もぐらです

「どうも、もぐらです」 「あ、どーも」 「お伺いしますが、この近所にキオスクはありますか?」 「ありません、森なんで」 「そうですか、森なら仕方ないですね、さよなら」 「さよなら」

お知らせ

佐倉市美術館にて3月1日から3月28日まで開催されるグループ展「カオスモス5一粒の砂に世界を見るように」に参加いたします。 「失われた朝食」「Fastweek」「素晴らしい仕事」の三つの作品が上映展示されます。是非、お越しくださいませ。 カオスモス5 一粒…

記憶する部屋

以前住んでいたアパートにいる夢を見たことはありませんか? 私は幾度となくそういった夢を見ます。大学時代に住んでいた家賃4万円のアパートの夢を数十年経った今でも見るのです。 なぜ、今現在住んでいる部屋ではなく、以前住んでいた部屋の夢を見るのか考…

やさしい「耳なし芳一」

小泉八雲の「怪談」では「茶碗の中」が一番好きです。 怪談 発売日: 2014/07/01 メディア: Amazonビデオ この商品を含むブログを見る

幽霊

ちなみに「息子」のときの田中邦衛です。 あの頃映画 「息子」 [DVD] 出版社/メーカー: 松竹 発売日: 2012/12/21 メディア: DVD クリック: 15回 この商品を含むブログ (8件) を見る

やっぱりこうかんして

「なんで?」 「もってみたら意外につまらなかった」 「やだよ」 「まじで?」

カバの脇

私は忘年会だとか新年会、プライベートで仲のいい人がいない飲み会が苦手です。 苦手というか、嫌いです。上っ面の会話、相手と自分の間に浮かんだ綿菓子を少しずつちぎるようなやり取り。 私はそんな場所に行くくらいならカバの脇に挟まったまま地球儀を見…

ざっくりアイスコーヒー

ざっくりとアイスコーヒーを描いてみる。ざっくり描くのって意外とむずかしい。

作った人

苦い帽子

ジャージの似合う男

ジャージの似合う男になりたい。 それは男なら誰しもが一度は考えることなのではないか。 優れた室内着として、はたまた寝間着として、さらにはコンビニに電気料金を支払いに行く時に、いかなるシーンでも優れたパフォーマンスを発揮するのがジャージという…

モコモコ坂

モコモコとしたものが坂を歩いている。そんな絵です。 ところでこの絵とは関係ないけど、「アンドレイ・タルコフスキー」という言葉を関西の怖い人が言うみたいに言うとなんか面白いですね。 ドスを効かせて大声で「アンドレイタルコフスキーィィ!って言う…

マイホーム2

だめだ…、一作目の住処を上回る住処になってない…。 q-rais.hatenablog.com

宣言

私、キューライスは今後、このブログの更新ペースが遅くなることを宣言します。 ご存知の通り、私は短編アニメーションを作っているのですが、その制作が遅々として進まない事に対する処置です。さらにイラストのお仕事などもあり、ぜんぜん時間が足りないの…

実家の犬

東京に帰ってきてまた凍てつくような一人暮らしの始まりです(気楽で本当は好きだけど) 寂しいのは実家で飼ってるトイプードルに会えないこと…。

貧乏ゆすりin2017

実家に帰りはしましたが、大晦日もお正月も私はずっと部屋に篭ってこうでした。 新作アニメーションは1563枚目が塗り終わり、半分が終わりました…。

2017年

あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。

出口

2016年の出口がやってまいりました。そして、2017年の入口がやってまいりました。 改めて「2017年」って口に出すとものすごく未来に生きているような気がするのに、まわりは相変わらずアナログでその落差に驚きます。 というわけでさよなら2016年。

やさしい「ウサギとカメ」

やさしい世界。

「ジーザス・クライスト・スーパースター」2000年版

今日はクリスマス。私は朝からずっとMacにしがみつき、新作アニメーションの着色作業をしている。 お昼ご飯はブリの照り焼きを作った。 そんなクリスマス気ゼロの私が、せっかくクリスマスなのだからそれらしい記事をと思い、今日は「ジーザス・クライスト・…

「未来世紀ブラジル」

クリスマスイブです。御法度の裏街道行く独り身の渡世人の私にはまったく関係ないイベントごとです。 ところで、クリスマス映画と呼ばれるものがある。 クリスマスの時期を舞台にした映画の総称で、有名なクリスマス映画で言えば「素晴らしき哉、人生」、「…

ベランダ

イッセー尾形の大家族

イッセー尾形の一人芝居を見たことのある人がこのブログの読者の中に何人いるだろうか。 きっと映画に登場するイッセー尾形は見たことがあっても、イッセー尾形の一人芝居を見たことのある人は少ないのではないだろうか。 何を隠そう私はイッセー尾形の一人…

ピラミッド

このあとピラミッドの事務所に連れて行かれました。

最近、ふと思い立って「西遊記」を読んでいます。おもしろいです。いささか孫行者が強すぎてハラハラしないけど。 最初は岩波文庫の本寸法の本に挑みましたが、読むのにものすごく疲れることが判明し、ワンランク下げて岩波少年文庫版を読んでいます。すごく…

弱音

弱音。 「もう嫌だ」とか「疲れた」とか「死にたい」とか。 皆さんは弱音をよく口にするだろうか。私は結構口にする、朝起きてシャワーを浴びながらの「めんどくさい…」から始まって、大変な仕事から解放されて夜遅くに帰宅した際などは靴を脱ぎながら弱音の…

アウトドア

私は正真正銘のインドア派です。

落語「夢金」

寒い季節に聴くのにぴったりな噺「夢金」。 しんしんと雪の降る寒い夜、一軒の船宿に侍とその連れの若い娘が客としてやってくる。金に目のない強欲な男、船頭の熊五郎はいやいやながら二人を乗せて大川へと漕ぎ出すが…。 船頭が主役の噺といえば夏が舞台の「…

「カーズ」のここ

ピクサーアニメーション映画の「カーズ」を見る度に思うんですけど、ここの部分が何でできているのか深く考えると怖くなりません? カーズ MovieNEX [ブルーレイ+DVD+デジタルコピー(クラウド対応)+MovieNEXワールド] [Blu-ray] 出版社/メーカー: ウォルト・…

テレポート

もし、瞬間移動ができたら…と想像する度にこうなる結末しか思いつかない。

12月

みなさん、もう12月です。 目を背けたくなるような気持ちはわかりますが、もう12月なのです。 年を取るとともに月日の移ろいが高速化していくのを感じて、震え上がる今日この頃。 このブログも2年が経ち、というかキューライスになって2年が経ちました。 そ…

チョイス

ソフトクリームのコーンがワッフル系だとテンションが上がります。

「の、ようなもの」

「家族ゲーム」、「間宮兄弟」の森田芳光監督によるデビュー作品。 (あらすじ) 二つ目の若手落語家・志ん魚(しんとと)は23歳の誕生日を祝うためにソープへ行く、そこで出会ったソープ嬢エリザベスと付き合うことなる。しかし、ふとした縁から女子高生の…

「ウサギと行く東京ディズニーランド⑩~カルロスの忍耐と箱婆さんの占星術~」

20時、遠くの方をエレクトリカル・パレードの光が移動している、人の波をかいくぐるようにしてなんとかファンタジーランドに出ると、「プーさんのハニーハント」がスタンバイ10分だった。人気アトラクションにしてこの待ち時間はなかなか無いことである。 さ…

「ウサギと行く東京ディズニーランド⑨~疑惑のピノキオと落ちてくる花火~」

19時、それから私たちはなんとなくファンタジーランド方面に足を運んだ。 「ピノキオの冒険旅行」が待ち時間5分だったので乗ってみる。木でできた可愛らしいトロッコに乗って進むが、楽しいシーンは一瞬で終わり、あとは人さらいやらロバに変えられた子供た…

「ウサギと行く東京ディズニーランド⑧~別れのドライブと攻める傾斜角度~」

ミッキー邸をあとにするとあたりはすっかり暗くなっていた。 トゥーンタウンの出口近くにあるアトラクション「グランドサーキット・レースウェイ」の明かりが目に入った。 このアトラクションはいわゆるゴーカートのようなものだが、歴史は古く1983年の開業…

「ウサギと行く東京ディズニーランド⑦~ホテルのタオルと男の握手~」

17時、我々はトゥーンタウンへ向かう。 トゥーンタウン、文字通りトゥーンたちの住む街のことでロバート・ゼメキス監督の傑作「ロジャー・ラビット」に登場する。 図らずもウサギを連れた私、気分はロジャー・ラビットを連れて歩くエディ・バリアントである…

「ウサギと行く東京ディズニーランド⑥~槍ウサギと失われた干し首~」

15時、ブルーバイユー・レストランを出た我々はなんとなくトゥモローランド方面を歩く。ふと見ると「スター・ツアーズ:ザ・アドベンチャーズ・コンティニュー」のスタンバイが5分だった。 2013年にリニューアルされたばかりだというのに大丈夫か?などと思…

「ウサギと行く東京ディズニーランド⑤~オルツォってなんだ、ブルーバイユー~」

時刻は14時、空腹を覚えた私たちは遅めの昼食を摂るためアドベンチャーランドの「ブルーバイユー・レストラン」に向かった。事前にインターネットでプライオリティーシーティングで予約を取っていたのですんなりと入れた。 昔は並べば入れたが今では完全予約…