読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

キューライス。

1985年生まれの男。漫画、イラスト、アニメーションなどを描きます。ご質問、ご依頼はこちらのアドレスにどうぞqraisqrais@gmail.com。       キューライス制作の短編アニメーション「鴨が好き」公開中https://www.youtube.com/watch?v=48-RA4BNXVc

ウサギと行く東京ディズニーシー②〜さらってきた三つ編みと爺様の強欲〜

腹を満たした我々はふらふらとプロメテウス火山の麓へ歩みを進めた。 そこにはフォートレスエクスプローションという大航海時代の要塞があった。その緻密な作り込みはものすごくしょうもない凡庸な表現で言い表せば、かの時代に「タイムスリップしたみたい〜…

『身近な疑問がスッキリわかる理系の知識』

瀧澤美奈子さん監修、青春出版社『身近な疑問がスッキリわかる理系の知識』の表紙絵、扉絵、そして、四コマ漫画をちょっとだけ描かさせて頂きました。 理系女子の心を掴もうにも思いっきり文系なあなたにぴったり! 身近な疑問がスッキリわかる理系の知識 作…

ウサギと行く東京ディズニーシー①〜うさぎの対抗心と冷製スープはスイーツな見た目〜

5月9日、その日私は午前2時に起床して仕事をしていた。 そして、そろそ6時を回ろうかというときになって友人のウサギ(オス)から連絡が入った。 「おい、今日はこれから冒険とイマジネーションの海へ行くぞ、8時50分にエントランスに集合な」 仕方がないの…

初手術!鼠径ヘルニアという名の脱腸な君

5月13日私は新宿のクリニックを訪れた。 ずっと気になっていた、左側の下腹部のでっぱり。 これがなんなのかを診てもらうためである。水が溜まっているのか、ガン的なやつなのか、水子の霊が憑いているのか…(生々しいので絵は天使にしておきます)。 初老の…

タプタプ

この前は別の迷い猫の「名前を呼ぶとニャーと鳴く」という情報を見て泣きました。 猫みつかるといいなぁ。

タトゥー

チップを渡されそうになったが丁重にお断りした。 だけど、人生とは予測不可能なもの、もしかしたらラスベガスでタトゥー屋をやっている人生というのもあったのかもしれない。 そんな私はタトゥーを彫りたいとまったく思いません。 なぜかって? スーパー銭…

牛脂くん「揚げ」

バターを揚げるという発想にど肝を抜かされました。 でも一度食べてみたい…。

牛脂くん「フォアグラ」

実際の牛脂は真っ白だけど、それだと可愛げがないのでピンク色です。 というわけで牛脂くんを性懲りも無く描きました。

オモコロ「キューライスの4コマ定食」

オモコロで4コマ漫画を描きました。ここでしか読めない4コマが! ぜひ、読んで、拡散して、忘れて、また読んで、呑んで、呑まれて、また読んでください! omocoro.jp

短編アニメーション企画「ぼくのニンジン」

5月病に悩まされている皆さん、いかがお過ごしですか? 私も5月病に苦しんでいますが、幸いなことに寝る前に嘔吐するくらいでとどまっています。 そんな揺れる精神を落ち着けるのに最適なものを皆さんご存知でしょうか? それは短編アニメーション作りです。…

レンコン

ベルギー奇想の系譜展

トマトとニンニクのスパゲティ

全国に出店しているイタリア料理の店「カプリチョーザ」。 そこのトマトとニンニクのスパゲティは私が世界で一番美味しいと思っているスパゲティ。 好きすぎて家で再現しようとして失敗すること幾十回。 どれくらい好きかを四コマ漫画にしてみよう。 バニラ…

「西遊記~はじまりのはじまり~」

「少林サッカー」で大ヒットを飛ばしたチャウ・シンチー監督の2013年公開の作品。 古典「西遊記」を下地にしながら監督独特の笑いとアクションと仰々しい感動がこれでもかと詰め込まれている。 なぜちょっと前の映画のレビューを今更書くのか?と疑問に思わ…

Twitter

勧められるがままにキューライスはTwitterを始めました。 よろしくお願いします。 ほんとうによろしくお願いします。 「リプライ」も「タグ付け」もどんな意味なのかすらわかりませんが…。 Twitterのほうでは写真や過去の四コマ漫画なども公開していきたいと…

「ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー」

本日発売。 言わずと知れた「スター・ウォーズ」シリーズのスピンオフ第一弾として製作された本作は、名もなき「はぐれ者」たちの活躍を描いた作品だ。 「エピソード4 新たな希望」で重要なアイテムとなる「デス・スターの設計図」、作戦指揮官がブリーフィ…

牛脂くん「ヤケ酒」

長きに渡ってお送りしてきた「牛脂くん」シリーズも一旦ここで終了です。 お高くとまったバターの野郎に必死に食らいつく、牛脂くんのひたむきな姿に心が動いたことと存じます。 また気が向いたら続編を描くかも、です。

牛脂くん「ジャガイモの夢」

屋台で見かけるじゃがバター屋のバターって、バターじゃないらしいです…。 マーガリンを使っているそうです…。 だったら「じゃがバター」なんて名前はやめて、「じゃがーリン」とかにすればいいのに…。 「ジャガーリン」…なんかロシア人みたいな名前ですね。

牛脂くん「お好み焼き」

よく家でお好み焼きを作って食べるときに、お皿に移して食べる方も多いと思いますが、私が思うにそれは間違い。 お好み焼きの美味さの半分を占めるもの、それは焦げたソースの香り。 お皿に移さずフライパンの上でソースをかけて食せば、手軽に鉄板焼きの雰…

第四回オモコロ杯剛賞

第四回オモコロ杯にて剛賞を受賞致しました。 ありがたいことです…かたじけないことです。 これからも頑張りたいと思います。 賞品のGPSロガーなるものがなんなのかまったくわかりませんが嬉しいです。 GPSまではわかります。でも「ロガー」の部分がわからな…

牛脂くん「出番」

よく「死ぬ前に食べたい料理は?」って話をしますが、私の場合死ぬ前に食べたい料理はすき焼きです。 甘辛い熱々の牛肉を生卵にくぐらせて食べる、口の中の甘みが消えないうちに白いご飯で追いかける。そのセッションを腹が膨れるまで何度も繰り返す…それが…

牛脂くん「ウインナー」

「ホイップクリームも俺と同じじゃないか!同じ脂肪じゃないか!」って叫んでました。

牛脂くん「苦情」

牛脂くん「セールス」

バターを浴びるように使ってみたい。 トーストにこれでもかと塗りたくりたい。 「世界の料理ショー」のグラハム・カーもびっくりするくらいに…。 そんな気持ちで描きました。 世界の料理ショー ~第2集~ DVD-BOX 出版社/メーカー: ビクターエンタテインメント…

牛脂くん

新年度が始まって、なにやら街行く人々のお顔も希望に満ち溢れているように感じる今日この頃。この時期になるともっとも夢と希望に溢れていた大学一年生の頃の気持ちが蘇ってきます…。 「履修ってなんだ!めんどくさい!」って感情が。 さて、というわけで新…

短編アニメーション「鴨が好き」

気がつけば1年以上もかかってしまいましたが、新作の短編アニメーション「鴨が好き」が完成しました。 7分40秒、今回もいつも通り、すべての工程を私一人で行いました。 アニメーションに限らず映像を作る際は絵コンテという設計図が重要なのですが、今回は…

「ウサギと行く横浜・八景島日帰りの旅⑨~聖地巡礼はウサギの慟哭に消ゆ~」

火照った体を浜風に冷ましながら我々は最後の目的地、日の出町に向かった。 「あまちゃん」も「半沢直樹」も、一秒たりとも見たことがない私とウサギが唯一見るテレビドラマが「孤独のグルメ」。 中年の男がただただ美味そうに飯を食べるだけのドラマだが、…

「ウサギと行く横浜・八景島日帰りの旅⑧~万葉倶楽部来訪期、露天風呂と足湯編~」

しばらくして、私とウサギは露天風呂に出てみた。 サウナで火照った身体を外気浴によって冷ますのもまた一興なのである。 外の柵から見下ろすと、はたして絶景であった。新港埠頭から横浜ベイブリッジまで見渡す事が出来たし、下に目を移すとカップヌードル…

「ウサギと行く横浜・八景島日帰りの旅⑦~万葉倶楽部来訪期、サウナ編~」

みなとみらい駅から降りて五分の海沿いのビルにスーパー銭湯「万葉倶楽部」はあった。 エレベーターで7階に上がったところがフロント。平日の午後だというのにそこそこのお客さんで溢れている。 気もそぞろに鍵を受け取ると、館内着を取り、更衣室へ向かう。…

休憩コーナーです。こういうバカみたいなことを考えるのが好きです。まだ、ウサギとの旅行記は続きます。

「ウサギと行く横浜・八景島日帰りの旅⑥~クレープのやさしさ、じゃびゃくしんと私とうさぎ~」

「アイスファンタジア」の魔力で急に体温とテンションを奪われた我々はフラフラとその隣にあったマリオンクレープに立ち寄る。 ここは一つクレープの優しさに慰められたいし、なによりこんな時でもないとクレープなんて口にする機会がない。 イチゴと生クリ…

「ウサギと行く横浜・八景島日帰りの旅⑤~ぬっとりアシカとシロクマの忘れ物の真偽~」

素敵な海育体験を済ませた我々は残す最後のコーナー「ふれあいラグーン」へと向かう。文字通りここでは様々な海の仲間達に触ることができるのだ。 可愛い動物は取り敢えず触っておきたい私にとってはなかなか魅力あふれるコーナー。わきわきと私の右手も期待…

光った友達

休憩コーナー。うさぎとの旅はまだ続く。

「ウサギと行く横浜・八景島日帰りの旅④~釣り針外しの修羅の顔、恐怖の秒速フィッシング~」

そのあと、我々は「うみファーム」なる施設を訪れた。 「食育」ならぬ「海育」を推進することを目的としたこの場所では、どうやら自分で魚を釣ったりできるらしい。その証拠にこのコーナーの近辺ではスピーカーから「釣って取って食べる♫」とご陽気なメロデ…

「ウサギと行く横浜・八景島日帰りの旅③~海底に揺蕩う異星の生物XとうさぎのビタミンD~」

ところで、私が水族館で地味に好きな生き物のひとつが世界最大の節足動物タカアシガニだ。薄暗い水槽にのっぺりと佇む巨大な蟹の群は、蟹というより異星に生息する未知の生物のようで、ものすごく怖い。 小さい子供が水槽のそばに立つと思わず「危ない!逃げ…

「ウサギと行く横浜・八景島日帰りの旅②~コビレゴンドウ男はセイウチに恋をする~」

ショーを見終えると、我々はさっそくアクアミュージアムを順路に従って見て回ることにした。 ふと、入り口に置かれた「八景島シーパラダイス うみおみくじ」のガチャガチャが気になった、イルカを見てテンションが上がっていた私はさっそくやってみることに…

「ウサギと行く横浜・八景島日帰りの旅①~癒やし不足が引き起こすイルカ涙~」

新作短編アニメーション「鴨が好き」の仕上げ作業も残す所、約600枚になった2月の13日、私は心身ともに疲れ果てていた。 その疲労度は、行きつけの鍼灸院で担当に「キューライスさん、左の肩が盛り上がってますよ」と言われるレベル。 そう、私は癒しを必要…

大学

私は美術大学に自己推薦という枠で入学しました。 文字通り、大学に自分を自分で推薦するという、押し売り販売みたいな方法です。 だから、私が入試でしたことといえば、分厚いポートフォリオを作ることと、短編アニメーションを教授に見せること、それに面…

お知らせ 書籍のイラスト

こんにちは、LINEの友達は二人だけで、その内ひとりは母親のキューライスです。 本日より発売の『「めんどくさい」がなくなる脳』という書籍の表紙や挿絵を描かせていただきました。 お手にとって頂けたら幸いです。 これさえ読めばあなたもひとりで短編アニ…

漬かった友達

最近、たくあんが美味しいです。

もぐらです

「どうも、もぐらです」 「あ、どーも」 「お伺いしますが、この近所にキオスクはありますか?」 「ありません、森なんで」 「そうですか、森なら仕方ないですね、さよなら」 「さよなら」

お知らせ

佐倉市美術館にて3月1日から3月28日まで開催されるグループ展「カオスモス5一粒の砂に世界を見るように」に参加いたします。 「失われた朝食」「Fastweek」「素晴らしい仕事」の三つの作品が上映展示されます。是非、お越しくださいませ。 カオスモス5 一粒…

記憶する部屋

以前住んでいたアパートにいる夢を見たことはありませんか? 私は幾度となくそういった夢を見ます。大学時代に住んでいた家賃4万円のアパートの夢を数十年経った今でも見るのです。 なぜ、今現在住んでいる部屋ではなく、以前住んでいた部屋の夢を見るのか考…

やさしい「耳なし芳一」

小泉八雲の「怪談」では「茶碗の中」が一番好きです。 怪談 発売日: 2014/07/01 メディア: Amazonビデオ この商品を含むブログを見る

幽霊

ちなみに「息子」のときの田中邦衛です。 あの頃映画 「息子」 [DVD] 出版社/メーカー: 松竹 発売日: 2012/12/21 メディア: DVD クリック: 15回 この商品を含むブログ (8件) を見る

やっぱりこうかんして

「なんで?」 「もってみたら意外につまらなかった」 「やだよ」 「まじで?」

カバの脇

私は忘年会だとか新年会、プライベートで仲のいい人がいない飲み会が苦手です。 苦手というか、嫌いです。上っ面の会話、相手と自分の間に浮かんだ綿菓子を少しずつちぎるようなやり取り。 私はそんな場所に行くくらいならカバの脇に挟まったまま地球儀を見…