読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

キューライス。

1985年生まれの男。漫画、イラスト、アニメーションなどを描きます。ご質問、ご依頼はこちらのアドレスにどうぞqraisqrais@gmail.com。       キューライス制作の短編アニメーション「すばらしい仕事」公開中https://www.youtube.com/watch?v=tWVb0_DdyrA

もぐらです

「どうも、もぐらです」 「あ、どーも」 「お伺いしますが、この近所にキオスクはありますか?」 「ありません、森なんで」 「そうですか、森なら仕方ないですね、さよなら」 「さよなら」

記憶する部屋

以前住んでいたアパートにいる夢を見たことはありませんか? 私は幾度となくそういった夢を見ます。大学時代に住んでいた家賃4万円のアパートの夢を数十年経った今でも見るのです。 なぜ、今現在住んでいる部屋ではなく、以前住んでいた部屋の夢を見るのか考…

やっぱりこうかんして

「なんで?」 「もってみたら意外につまらなかった」 「やだよ」 「まじで?」

カバの脇

私は忘年会だとか新年会、プライベートで仲のいい人がいない飲み会が苦手です。 苦手というか、嫌いです。上っ面の会話、相手と自分の間に浮かんだ綿菓子を少しずつちぎるようなやり取り。 私はそんな場所に行くくらいならカバの脇に挟まったまま地球儀を見…

ざっくりアイスコーヒー

ざっくりとアイスコーヒーを描いてみる。ざっくり描くのって意外とむずかしい。

モコモコ坂

モコモコとしたものが坂を歩いている。そんな絵です。 ところでこの絵とは関係ないけど、「アンドレイ・タルコフスキー」という言葉を関西の怖い人が言うみたいに言うとなんか面白いですね。 ドスを効かせて大声で「アンドレイタルコフスキーィィ!って言う…

宣言

私、キューライスは今後、このブログの更新ペースが遅くなることを宣言します。 ご存知の通り、私は短編アニメーションを作っているのですが、その制作が遅々として進まない事に対する処置です。さらにイラストのお仕事などもあり、ぜんぜん時間が足りないの…

貧乏ゆすりin2017

実家に帰りはしましたが、大晦日もお正月も私はずっと部屋に篭ってこうでした。 新作アニメーションは1563枚目が塗り終わり、半分が終わりました…。

2017年

あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。

イッセー尾形の大家族

イッセー尾形の一人芝居を見たことのある人がこのブログの読者の中に何人いるだろうか。 きっと映画に登場するイッセー尾形は見たことがあっても、イッセー尾形の一人芝居を見たことのある人は少ないのではないだろうか。 何を隠そう私はイッセー尾形の一人…

最近、ふと思い立って「西遊記」を読んでいます。おもしろいです。いささか孫行者が強すぎてハラハラしないけど。 最初は岩波文庫の本寸法の本に挑みましたが、読むのにものすごく疲れることが判明し、ワンランク下げて岩波少年文庫版を読んでいます。すごく…

弱音

弱音。 「もう嫌だ」とか「疲れた」とか「死にたい」とか。 皆さんは弱音をよく口にするだろうか。私は結構口にする、朝起きてシャワーを浴びながらの「めんどくさい…」から始まって、大変な仕事から解放されて夜遅くに帰宅した際などは靴を脱ぎながら弱音の…

「カーズ」のここ

ピクサーアニメーション映画の「カーズ」を見る度に思うんですけど、ここの部分が何でできているのか深く考えると怖くなりません? カーズ MovieNEX [ブルーレイ+DVD+デジタルコピー(クラウド対応)+MovieNEXワールド] [Blu-ray] 出版社/メーカー: ウォルト・…

12月

みなさん、もう12月です。 目を背けたくなるような気持ちはわかりますが、もう12月なのです。 年を取るとともに月日の移ろいが高速化していくのを感じて、震え上がる今日この頃。 このブログも2年が経ち、というかキューライスになって2年が経ちました。 そ…

「ウサギと行く東京ディズニーランド⑩~カルロスの忍耐と箱婆さんの占星術~」

20時、遠くの方をエレクトリカル・パレードの光が移動している、人の波をかいくぐるようにしてなんとかファンタジーランドに出ると、「プーさんのハニーハント」がスタンバイ10分だった。人気アトラクションにしてこの待ち時間はなかなか無いことである。 さ…

「ウサギと行く東京ディズニーランド⑨~疑惑のピノキオと落ちてくる花火~」

19時、それから私たちはなんとなくファンタジーランド方面に足を運んだ。 「ピノキオの冒険旅行」が待ち時間5分だったので乗ってみる。木でできた可愛らしいトロッコに乗って進むが、楽しいシーンは一瞬で終わり、あとは人さらいやらロバに変えられた子供た…

「ウサギと行く東京ディズニーランド⑧~別れのドライブと攻める傾斜角度~」

ミッキー邸をあとにするとあたりはすっかり暗くなっていた。 トゥーンタウンの出口近くにあるアトラクション「グランドサーキット・レースウェイ」の明かりが目に入った。 このアトラクションはいわゆるゴーカートのようなものだが、歴史は古く1983年の開業…

「ウサギと行く東京ディズニーランド⑦~ホテルのタオルと男の握手~」

17時、我々はトゥーンタウンへ向かう。 トゥーンタウン、文字通りトゥーンたちの住む街のことでロバート・ゼメキス監督の傑作「ロジャー・ラビット」に登場する。 図らずもウサギを連れた私、気分はロジャー・ラビットを連れて歩くエディ・バリアントである…

「ウサギと行く東京ディズニーランド⑥~槍ウサギと失われた干し首~」

15時、ブルーバイユー・レストランを出た我々はなんとなくトゥモローランド方面を歩く。ふと見ると「スター・ツアーズ:ザ・アドベンチャーズ・コンティニュー」のスタンバイが5分だった。 2013年にリニューアルされたばかりだというのに大丈夫か?などと思…

「ウサギと行く東京ディズニーランド⑤~オルツォってなんだ、ブルーバイユー~」

時刻は14時、空腹を覚えた私たちは遅めの昼食を摂るためアドベンチャーランドの「ブルーバイユー・レストラン」に向かった。事前にインターネットでプライオリティーシーティングで予約を取っていたのですんなりと入れた。 昔は並べば入れたが今では完全予約…

「ウサギと行く東京ディズニーランド④~白人の笑顔と無呼吸ブーツ~」

ホーンテッドマンションを出た頃には時刻は12時。 喉が渇いた私たちはアイスコーヒーを買い、ベンチで飲んだ。こうして次はどこへ行こうか考えあぐねる時間というのもディズニーランドの醍醐味の一つだろう。友人や恋人と来ると気を遣い、あまり自由に振る舞…

「ウサギと行く東京ディズニーランド③~くつろぎのバギーとハイテンション市村正親~」

それから私たちはホーンテッドマンションへ向かった。 999人の幽霊がルームシェアしているこのマンションでは、この時期ハロウィン・タウンからジャック・スケリントン氏を招致して「ホーンテッドマンション・ホリデーナイトメア」が催されている。 20分のス…

「ウサギと行く東京ディズニーランド②~貪欲ウサギと憧れの開拓小屋~」

9時30分、ピザをぺろりと平らげた私たちはウェスタンランドの一角にシートを敷くと腰を下ろし、じっと待機する。 10時35分に開催される、この時期のパレード「ハロウィーン・ポップンライブ2016」(10月31日で終了)なるものを万全の位置で見るための待機で…

「ウサギと行く東京ディズニーランド①~指チュンの恐怖とモーニングピザ~」

10月、気持ち良い秋晴れの木曜日、私は友人のウサギと二人京葉線に乗り舞浜の地に降り立った。今日は二人で東京ディズニーランドに行くのだ。他の遊園地を圧倒し続ける一大娯楽施設、いつ来ても溢れんばかりの来園者でいっぱいの夢の王国…。 そんなディズニ…

ラボ・パーティー

私は物心つく前から高校生の頃までラボ・パーティーに在籍していた。 ラボ・パーティーとは英会話教室のようでいて全くそうではなく、テューターと呼ばれる先生の家に集まり、英語と日本語で世界各国の物語を演じたり、友達とともにフォークダンスを踊ったり…

ルール

ルールってありますか?ルールといっても飲酒運転をしないとか、降りる人を待つとかじゃなくて自分自身に課した自分だけのルールです。 私はそんなルールがいろいろあります。例えば「卵かけご飯用の卵は一番高いものを買う」です。 基本的に吝嗇家の私はTSU…

タコス

タコス。 タコスが好きだ。 とくにハード・タコスと呼ばれる硬いトルティーヤに具材を挟んで食べるタコスが好き。 なんなら挽肉やレタスに紛れて挟まりたいとさえ思う、しかし、残念ながら近所に気の利いたメキシカン料理屋も、タコベルもない。 仕方ないの…

飛行機

私は飛行機に乗ることに恐怖を感じる種類の人間です。 しかし、昔からそうだったわけではなく23歳を越えたぐらいの頃から恐怖を感じるようになり、できるだけ飛行機に乗らないで済む生活を心がけてきました。 なぜ、飛行機嫌いになってしまったかというと一…

すこし前のお話し。 9月も下旬に差し掛かった頃のとある金曜日。朝8時に目覚めた私はすぐに体の異変に気付いた。全身がだるい、痛い、そして、ガタガタ震えて悪寒が走ったし腹痛も酷い。 私はすぐにインフルエンザを疑い、数年ぶりに救急箱から体温計を引っ…

東池袋訪問記 ラーメン屋の猫と再会のオケシャワー~後半~

大勝軒本店をあとにした私は次の目的地であるスーパー銭湯「タイムズ スパ・レスタ」を訪れた。 初めて訪れるスーパー銭湯、サンシャインシティの目の前にあるビルの10階~12階に位置する都会型銭湯だ。 エレベーターにのってロビーに行き、ロッカーに靴を預…

東池袋訪問記 ラーメン屋の猫と再会のオケシャワー~前半~

池袋。 私にはあまり縁のない土地、なんとなくサンシャインシティという大きな建物があることと、池袋演芸場があること、そして、昔見ていたドラマ「池袋ウエストゲートパーク」の舞台であることなどの大雑把な情報しか持っていない街。 よく晴れた土曜日の…

「ウサギと行く4泊5日広島旅行~5日目「帰宅人間、懐に忍ばせた高級あなご弁当」~」

旅行最終日。 朝7時に起きるとワシワシと部屋を片付ける。ウサギは持参したコロコロで自分の抜け毛を掃除している、こういうところはとてもマメな奴なのだ。 ホテルのささやかなテーブルの上にはこの数日間の私の行動教則となってくれた「遊びつくす!広島・…

「ウサギと行く4泊5日広島旅行~4日目「離脱ウサギとレモン牛乳がぶ飲み甲子園」~」

この日は朝から平和記念公園を訪れ、祈りを捧げた。 そのあと、広島平和記念資料館も訪ねた。数々の遺品の無言の訴えに戦慄する。 どんな理由があろうともあの行為は正当化してはならないと感じた。 ハリウッド映画なんかでよく登場人物が「ヒロシマの◯倍の…

「ウサギと行く4泊5日広島旅行~3日目「呉灼熱!鋼鉄クジラと配られた氷」後編~」

その後、私たちは「大和ミュージアム」目の前にある「てつのくじら館」に入った。 なんと入場無料である。中には海上自衛隊の掃海の歴史や、潜水艦の資料などが展示されていて、特に実際に就航していた潜水艦「あきしお」に乗船できるのが楽しい。 「実際の…

「ウサギと行く4泊5日広島旅行~3日目「呉灼熱!鋼鉄クジラと配られた氷」前編~」

三日目はかつて軍港や工廠などで栄えた呉へ行く。 10時到着。気温36度…、この日もカンカン照りで猛烈な残暑だ。外にいるだけで汗が湧き出てくる。 呉駅から脇目も振らずに「大和ミュージアム」に行く。 大東亜戦争時の軍艦や兵器、呉にまつわる歴史的な遺物…

「ウサギと行く4泊5日広島旅行~2日目「鹿糞ウサギと高閉所恐怖男の汗、厳島添え」後編~」

幸い空いていたので4人乗りのロープウェーをウサギと二人きりで乗ることができた。乗り場にはロープウェーの窓の位置に合わせて簡易クーラーが設置されていて涙が出るほど嬉しかった。そして、ロープウェー特有の不安定な揺れを醸し出しながら出発する。 眼…

「ウサギと行く4泊5日広島旅行~2日目「糞誤解ウサギと高閉所恐怖男の涙、厳島添え」前編~」

8時に起床。 コンビニで買ったカレーパンを胃に流し込み、ホテルを出て、路面電車、JRを経て、宮島口へ。そこからフェリーに乗って一路、厳島神社を目指す。 さすが世界遺産、あたりは外国人ばかりである。 フェリーを降り立つと土産物屋が立ち並ぶ海沿いを…

「ウサギと行く4泊5日広島旅行~1日目「牛めしウサギと広島走りの汁なし男」後編~」

新幹線に揺られて約4時間の後、新幹線は広島駅にたどり着いた。 広島県のゆるきゃら「もみじまんじゅうのもみもみくん」(想像)に脇腹を揉まれたらどうしようなどという不安を胸に私は初めての広島の大地を踏みしめた。 ホームに降り立った私たちの胸に一つ…

「ウサギと行く4泊5日広島旅行~1日目「牛めしウサギと広島走りの汁なし男」前編~」

広島。 真っ先に頭に浮かぶのはやはり「原爆」。 小学生の頃、何度も繰り返し読んだ「広島のピカ」という絵本は今でも印象深い、それから、昭和史(主に大東亜戦争前後)にまつわる本ばかり読む私にとっては、日本一の海軍工廠の街として栄えた呉市があるこ…

旅行

出不精というとそれっきりだけど、私はめったに旅行をしない。 どこか遠くへ行って新しい経験をするのはとても魅力的だとは思うのだけど、私にはやらなくてはいけないような気がするいろんなこと(おもに自主制作の短編アニメーションの作画)があるし、なに…

キョンシー

今の若い人はキョンシーを知っているのだろうか? 簡潔に言ってしまえば中国版のゾンビであるが。その大きな特徴として腕を前に掲げて、ピョンピョン跳ねながらやってくるのが特徴である。 死んだ人が大きく跳躍しながらやってくる様子は、現実的に考えると…

甘い戦争

この前、テレビで給糧艦「間宮」のドキュメンタリーを見た。間宮は旧日本海軍の補給艦で一般的な食料だけでなく、アイスクリームやラムネ、最中、饅頭、羊羹なども製造することができたらしい。 腕のいい菓子職人が乗船していて、特に羊羹は「間宮羊羹」と呼…

バスタオル

私はバスタオルを使わない人です。 よって我が家にはバスタオルなんて代物は一枚も存在しません。私が日頃使用しているのは34cm×90cmのフェイスタオル、お風呂から上がって体や頭を拭く際もこのフェイスタオルを使っている。なぜかというとそれで充分事足り…

十字路ソーダ味

色鉛筆で小さい紙に描いてみた。微妙。

恋が落ちる

恋してますか? 思うんですが、恋をするのってエネルギーが必要だと思うんです。特定の人物に対して恒久的熱量を維持するのが恋だと思うのですが。 私は最近まったく恋できてないのです。パッと熱が入ることはあっても、マッチの炎のようにすぐに消えてしま…

ストレス

最近、病院に行ったら「ストレスが原因ですので、ストレスを貯めない生活をしてください」と言われました。 映画「火垂るの墓」で節子を診察した医者が「栄養失調ですね、栄養を取って安静にしてください」と言い放ち、それにたいして清田が「栄養なんて…、…

女子高生VS山怪獣〜岐阜、血に染めて〜

修学旅行で岐阜に訪れていたI子のグループに魔の手が迫る! 巨大化した山怪獣「岩田」に住民は逃げ惑う! クレメンス教頭の許可を得て巨大化するI子。 しかし、I子は困惑した! なんと山怪獣の正体は体育教師・郷田の変わり果てた姿だったのだ! どうするI子…

女子高生VS巨大蟹〜南海の死闘〜

セルにアクリル。 なんかでっかい女子高生が同じくでっかい何かと戦ってる絵が描きたくなって、こんな絵になりました。なんかセーラー服ってロボっぽいですね。

白い日傘

セルにアクリル。手前の青い屋根が気に入ってる。

よるのどうぶつ

セルにアクリル。変に思われるかもしれないけど、この絵が6月に描いたなかで一番気に入ってます。なんなのか。鹿なのか、雪山なのか、なに考えてるのか考えてないのか、そういうのが好きなんです。