読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

キューライス。

1985年生まれの男。漫画、イラスト、アニメーションなどを描きます。ご質問、ご依頼はこちらのアドレスにどうぞqraisqrais@gmail.com。       キューライス制作の短編アニメーション「すばらしい仕事」公開中https://www.youtube.com/watch?v=tWVb0_DdyrA

甘い戦争

イラストレーション

この前、テレビで給糧艦「間宮」のドキュメンタリーを見た。間宮は旧日本海軍の補給艦で一般的な食料だけでなく、アイスクリームやラムネ、最中、饅頭、羊羹なども製造することができたらしい。

腕のいい菓子職人が乗船していて、特に羊羹は「間宮羊羹」と呼ばれて身分を問わず将兵たちに大人気。「間宮」が戦地にやってくると甘い物に飢えた男たちが大挙して押し寄せたという。

そのドキュメンタリーでは当時を知るお爺さんが今でも覚えている手旗信号で「ヨ・ウ・カ・ン・ヲ・ク・レ」とやっていてなんだか和んだ。

 

一方、米軍でもアイスクリームを製造する機械が給糧艦以外でも搭載されていて、なんと潜水艦にさえ備え付けられていたというから驚きです。

なんでも米海軍の「アイスクリーム」を指す符丁は「ゲダンク」、「歯が悪くなる」という意味のスラングだそうで、アイスクリームを配布する場所はダンク・バーと呼ばれていたそうです。

きつい任務の合間に甘い物に飢えた水兵たちでゲダンク・バーにはいつも長蛇の列が出来たと言います。(ちなみに日本海軍の戦艦大和にはラムネを製造する機械がありました)

 

ある時、戦艦ニュージャージーにてゲダンク・バーの長い列にうんざりした少尉二人が、階級にものをいわせて列に割り込んだところ背後から「自分の定位置に戻れ!」と大声が響いた。

振り返るとそこにいたのは第三艦隊司令官ハルゼー(アメリカ海軍きっての猛将)だった。提督である彼もアイスクリームを求めて忍耐強く並んでいたのだった。

 

そういえば、連合艦隊司令長官山本五十六も甘い物が大好きだったそうで、「虎屋の羊羹を切らさないように」と部下に頼んでいたりしたそうだ。

 

ふと、二人の提督が行儀良くゲダンク・バーに並んでる姿を想像してしまった。甘い物に国境はない。

 

f:id:q-rais:20160730152744j:plain