読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

キューライス。

1985年生まれの男。漫画、イラスト、アニメーションなどを描きます。ご質問、ご依頼はこちらのアドレスにどうぞqraisqrais@gmail.com。       キューライス制作の短編アニメーション「鴨が好き」公開中https://www.youtube.com/watch?v=48-RA4BNXVc

大河あるある〜その1〜

日本の国民的番組であるNHK大河ドラマ

一年という長きに渡って武将なり姫なりの人生を追体験し、様々な出会いや別れ、運命のいたずらなどに一喜一憂する長寿番組。

幼い頃から老人になるまでの様子を1年もかけて追うためか、さながら自分の子や孫を見守っているような気持になる。年々豪華になっている気がするオープニング映像も、その音楽と相まって楽しい。

今回はそんな大河ドラマでよくあるシーンを抜き出してみました。名付けて「大河あるある」である。

f:id:q-rais:20160306180442j:plain

 

・とにかく文を書く&読む

f:id:q-rais:20160306180826j:plain

時代劇である以上当たり前なのだが、大河でも欠かせないシーン。手紙は歴史研究の観点からも大変重要な様で、有名武将の手紙などはその人柄を感じられて嬉しい。

大河とは関係ないが、私が特に好きなのが、夫である秀吉の浮気癖に腹を立てたおねをなだめる信長の手紙です。大まかに言うと「前に会った時よりますます美しくなられた。お前のように美しい妻を持ちながら藤吉郎は文句を言っているようだが言語道断である、お前のような美しい女性があのハゲネズミ(秀吉)のような男が二度と女房にできるものか、どうしようもない奴だけどどうか夫を立ててやって欲しい。この手紙は秀吉にも見せるように」といった内容。冷酷な信長のイメージと違った温かみのある文なのです。

 

・ヒロインは幼少時おてんば

f:id:q-rais:20160306181006j:plain

活発で信念を曲げない女性像が大河ヒロインの理想イメージなのか、それゆえ子供時代はやんちゃでおてんば、乳母を困らせてばかりいる印象だ。

 

・家族との別れ

f:id:q-rais:20160306181944j:plain

あるときは病、あるときは政略によって引き裂かれる親子。今よりも「」という概念が強かった時代、親子の情愛も深かったのだろうか…。それとも持ち駒として…。

 

つづく