読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

キューライス。

1985年生まれの男。漫画、イラスト、アニメーションなどを描きます。ご質問、ご依頼はこちらのアドレスにどうぞqraisqrais@gmail.com。       キューライス制作の短編アニメーション「すばらしい仕事」公開中https://www.youtube.com/watch?v=tWVb0_DdyrA

落語「夢金」

寒い季節に聴くのにぴったりな噺「夢金」。 しんしんと雪の降る寒い夜、一軒の船宿に侍とその連れの若い娘が客としてやってくる。金に目のない強欲な男、船頭の熊五郎はいやいやながら二人を乗せて大川へと漕ぎ出すが…。 船頭が主役の噺といえば夏が舞台の「…

キョンキョンと日本酒

このあいだ、キョンキョンの出演する「落語と利き酒を楽しむ会」に参加してきました。ちなみにキョンキョンとは落語会のオールラウンドプレーヤーこと柳家喬太郎師匠の愛称です。 その名の通り落語を聴きながら、利き酒をする洒落た会である。 場所は新橋演…

落語「厩火事」

あらすじ髪結いで生計を立てているお崎の亭主は怠け者、呑んでばかりでまったく働かない。そんな亭主に愛想が尽きたと、お崎は仲人のところへ相談を持ちかける。仲人は、孔子が弟子の不手際で火災を起こし、愛馬を失ったが、そのことは咎めず弟子たちの身を…

落語「文七元結」

あらすじ 左官の長兵衛は博打で身を崩し借金まみれ。ある年の瀬、長兵衛のひとり娘が自ら女郎屋に身を売って借り受けた五十両を持って吾妻橋に通りかかると、身投げしようとしている男に出くわす。店の金五十両を盗まれてしまったため死んで詫びをするのだと…

落語「酢豆腐」

あらすじ 暑いさなか、長屋の若い衆が集まって酒の肴をどうやって安く手に入れるかの相談事。ふとした話から昨夜の豆腐が余っていることを思い出すが、取り出してみるとこれが見事に腐っている。 そこへたまたま通りかかったのがみんなの嫌われ者、キザな伊…

落語「三年目」

あらすじ 大変仲の良い夫婦、しかし、妻が重い病気で臥せっている。 「私が死んだらあなたは後添えをもらうのでしょうね…」そう嘆く妻に夫が「気弱になって馬鹿を言うな、女は生涯お前一人だ、再婚なんかするもんか。」。 それでも、納得しない妻に夫は「そ…

落語「茶金」

あらすじ 京で有名な茶道具屋の金兵衛、通称「茶金」が、茶屋の茶碗をためつすがめつうかがい見ては、「はてな?」と首を傾げているのを、油屋の男が見ていた。さては相当な値打ちがあるに違いないと思った男はなんとかその茶碗を手に入れようとするが…。 茶…

落語「粗忽長屋」

あらすじ 八五郎が雷門の前を通りかかると人だかりができている。行き倒れがあったらしく、その死体を見た八五郎は「こいつは同じ長屋の熊五郎だ、今朝こいつは体の具合が悪いと言っていたんだ!」と言い出す。役人は「この行き倒れが死んだのは昨日の夜だか…

落語「馬の巣」

あらすじ 釣りに来た男、しかし、テグスが駄目になっている。そこで近くを通った馬方の馬の尻尾の毛を一本抜き釣り糸の代わりにしようとする。それをみていた男の友人が「おまえは大変なことをした…馬の毛を抜いたらどうなるか知らないのか?」と思わせぶり…

落語「死神」

あらすじ 死神から死神を追い払う呪文を教えてもらった男、医者を開業した男はその呪文を使って次々に人を死から救い大儲け。しかし、あるとき死神と取り交わした約束を破ってしまい…。 これも大好きな噺。落語会のシェークスピア三遊亭圓朝の作った落語の名…

落語「初天神」

あらすじ 息子を連れて天満宮へお参りに来た父親。最初こそいい子にしていたものの、次第に飴が欲しい、お団子が欲しいと駄々をこねはじめる息子に父親は振り回されるが…。 柳家小三治さんが好きになったきっかけになった噺です。息子に振り回されつつどこか…

落語「黄金餅」

あらすじ ケチな乞食坊主の西念は重い病にかかり命を落とすが、死ぬ前にしこたま貯めた金を餅に包んで全部飲み込んだ。一部始終を覗き見した金兵衛はなんとかその金を手に入れようと、西念を焼き場へ運ぶ。 大好きな噺です、「落語は人間の業の肯定」と謳っ…

落語「芝浜」

私の名前「キューライス」からもわかる通り、大の落語好きです。 なのでよく落語を絵にしようと思い立つが、その度に「野暮だ」と思い直し描くのをやめてしまう。 でも、クローズアップにして情報量を減らせば少しだけ「野暮」じゃなくなると気付き、一枚描…