読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

キューライス。

1985年生まれの男。漫画、イラスト、アニメーションなどを描きます。ご質問、ご依頼はこちらのアドレスにどうぞqraisqrais@gmail.com。       キューライス制作の短編アニメーション「鴨が好き」公開中https://www.youtube.com/watch?v=48-RA4BNXVc

映画イラスト

「西遊記~はじまりのはじまり~」

「少林サッカー」で大ヒットを飛ばしたチャウ・シンチー監督の2013年公開の作品。 古典「西遊記」を下地にしながら監督独特の笑いとアクションと仰々しい感動がこれでもかと詰め込まれている。 なぜちょっと前の映画のレビューを今更書くのか?と疑問に思わ…

「ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー」

本日発売。 言わずと知れた「スター・ウォーズ」シリーズのスピンオフ第一弾として製作された本作は、名もなき「はぐれ者」たちの活躍を描いた作品だ。 「エピソード4 新たな希望」で重要なアイテムとなる「デス・スターの設計図」、作戦指揮官がブリーフィ…

ジャージの似合う男

ジャージの似合う男になりたい。 それは男なら誰しもが一度は考えることなのではないか。 優れた室内着として、はたまた寝間着として、さらにはコンビニに電気料金を支払いに行く時に、いかなるシーンでも優れたパフォーマンスを発揮するのがジャージという…

「ジーザス・クライスト・スーパースター」2000年版

今日はクリスマス。私は朝からずっとMacにしがみつき、新作アニメーションの着色作業をしている。 お昼ご飯はブリの照り焼きを作った。 そんなクリスマス気ゼロの私が、せっかくクリスマスなのだからそれらしい記事をと思い、今日は「ジーザス・クライスト・…

「未来世紀ブラジル」

クリスマスイブです。御法度の裏街道行く独り身の渡世人の私にはまったく関係ないイベントごとです。 ところで、クリスマス映画と呼ばれるものがある。 クリスマスの時期を舞台にした映画の総称で、有名なクリスマス映画で言えば「素晴らしき哉、人生」、「…

「の、ようなもの」

「家族ゲーム」、「間宮兄弟」の森田芳光監督によるデビュー作品。 (あらすじ) 二つ目の若手落語家・志ん魚(しんとと)は23歳の誕生日を祝うためにソープへ行く、そこで出会ったソープ嬢エリザベスと付き合うことなる。しかし、ふとした縁から女子高生の…

食べたい映画「ウォッチメン」のチリビーンズ缶詰(常温)

最近、ご無沙汰の食べたい映画シリーズ。他にもいろいろあるっちゃあるんだけど、「刑務所の中」の小倉マーガリンコッペパンとか「たんぽぽ」のオムライス、「めがね」のかき氷とか、ベタすぎるものはなんとなく書きにくいのです。 そして今回ご紹介する食べ…

「真田十勇士」

私は「真田十勇士」を見ながら、2001年公開の忍者映画「REDSHADOW~赤影~」を思い出していた、思えばこの映画は私が生まれて初めて、映画館を途中退場したある意味思い出の映画。それくらいつまらない映画だったのだ。 それ以来、忍者ものの映画にはちょっ…

「君の名は」

空前の大ヒットを記録して、社会現象になった「君の名は」。 しかし、私はというと映画が公開されてもすぐに見に行く気にならなかった…、正直に言えば新海監督の作風が苦手なのです。嫌いではないのですが、どうも、苦手なんです。 観た感想から言えば、大変…

「ロッキーホラーショー」

私の大好きな映画10本の指の一つに入る作品。カルト映画の頂点ともいわれるミュージカルコメディーホラー映画、それが「ロッキーホラーショー」。 ロンドンの小劇場で上演されていたミュージカルを1975年にジム・シャーマン監督があえて低予算で作り上げた怪…

「ファインディング・ドリー」

ピクサー制作、あの名作「ファインディング・ニモ」の1年後を舞台にした続編。 物忘れがはげしいナンヨウハギのドリーはふとしたきっかけで自分の家族のことを思い出し、マーリンとニモを引き連れて家族探しの旅に出る。 前作がマーリンとドリーのうっとりす…

「デッドプール」

ヒーロー映画(?)で大切なのは魅力的な悪役だと思うんです。Xメンならマグニートー、スパイダーマンのDr.オクトパス…、それがないとどんなに主役が魅力的でも映画がパッとしないと思うんです。 その点で言えば「デットプール」の悪役といえば痛みを感じな…

「シン・ゴジラ」

小学生の頃に平成ゴジラシリーズ黄金期を過ごしていた私にとって「ゴジラ」は特別な存在。そして、10歳のときにメルトダウンして塵になるゴジラを劇場で観て涙を流して以降はすっかりゴジラ熱は冷めてしまった、だから「ゴジラ対デストロイア」以降のゴジラ…

小津

小津作品の独特の会話の間合いを漫画で再現してみました。若い人は「白黒だし…」とか「難しそう…」とか尻込みしないで、是非、観て欲しい。 東京物語 ニューデジタルリマスター 発売日: 2013/11/26 メディア: Amazonビデオ この商品を含むブログを見る

「秋刀魚の味」

1962年公開、名匠・小津安二郎監督の遺作。 小津作品の力の抜け具合が好きだ。 肩に力を入れず、ぼんやりと観て、じんわりと感じる。 黒澤明監督は「七人の侍」について「ステーキの上に鰻の蒲焼を乗せ、カレーをぶち込んだような、もう勘弁、腹一杯という映…

「お茶漬けの味」

名匠・小津安二郎監督による1952年公開作品。 何事も素朴なものを望む地方出身の夫と、上流階級育ちゆえに夫の凡庸さが何かと気に触る妻、夫婦の気持ちのすれ違いと和解を描く。 小津作品に限らず言えることだけど、古い日本映画は往時の市民の生活を垣間見…

「バードケージ」

「卒業」のマイク・ニコルズ監督による1996年公開のコメディ映画。当時11歳だった私も劇場で見て大笑いした記憶が残る、一種の思い出の映画だ。 マイアミでオカマナイトクラブ「バードケージ」を経営しているアーマンドと、店の花形スターであるアルバートは…

「ズートピア」

最近はその境目がますますわからない、所謂ピクサーではない、ディズニー制作のアニメーション映画。「塔の上のラプンツェル」のバイロン・ハワード監督と「シュガー・ラッシュ」のリッチ・ムーア監督のコンビによる演出。 小柄でありながらも強い正義感と信…

「シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ」

ヒーローのバーゲンセール状態のハリウッド。前作「キャプテン・アメリカ/ウィンター・ソルジャー」でヒーロー映画にサスペンス的要素を盛り込む事に成功した、ルッソ兄弟が再びメガホンをとった本作は、「キャプテン・アメリカ」と銘打ってはいるがほぼ「ア…

「レヴェナント」

アレハンドロ・ゴンザレス・イニャリトゥ監督による西部開拓時代を舞台にした映画。レオナルド・ディカプリオが悲願のアカデミー賞男優賞を受賞したことで有名だが、監督賞、撮影賞なども受賞している。 1823年の西部開拓時代のアメリカ、毛皮を求める狩猟団…

「アイアムアヒーロー」

花沢健吾の人気コミックの映画化作品。 漫画アシスタントの鈴木英雄(35歳)は連載も持てず、同棲中の彼女ともうまくいかず、人生に行き詰まっていた。一方首都東京では感染した者が凶暴になり人々に襲いかかる謎の感染症が徐々に流行の兆しを迎えつつあった…

ジョン・ウィック

数々の映画でスタントコーディネーターを手がけたというチャド・スタエルスキーの初監督作品。 かつて裏社会で名を轟かせた凄腕の殺し屋ジョン・ウィックは結婚を機に引退。しかし、最愛の妻を病で亡くしてしまう、妻の遺した犬と平穏な生活を送っていたジョ…

宮本武蔵 一乗寺の決斗

熊本の地震が心配です…、一刻も早く穏やかな日常が戻らん事、お祈りしております。 今日は映画の話題です。 1964年公開の巨匠・内田吐夢監督による時代劇。吉川栄作の小説「宮本武蔵」を原作とした、シリーズ全5作の中の4作目。 京都の名門、京八流吉岡の御…

バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生

ザック・スナイダー監督によるDCコミックのヒーロー映画。前作「マン・オブ・スティール」の続編。 大人気スーパーヒーロー、バットマンとスーパーマンが大迫力のバトルを繰り広げたり、悪者レックス・ルーサーの陰謀と戦ったりする映画。 こういった類の映…

アーロと少年

ピクサー製作、ピーター・ソーン監督作品。巨大隕石が地球に衝突せず、恐竜が生存を許されたパラレルワールドを舞台にしたファンタジーアニメーション。弱虫な恐竜アーロとワイルドな人間の男の子の種族を超えた絆を描くロードムービー。 実写を超越している…

残穢〜住んではいけない部屋〜

小野不由美によるホラー小説の映画化作品、怖い話の蒐集をしている小説家の私(竹内結子)に一人暮らしをする女性・久保さん(橋本愛)から一通の手紙が届く。久保さんが住むマンションの和室から畳を掃くような音がするというのだ…。 以前にも言った通り私…

寅さん

「男はつらいよ」は基本的にはこのパターンです。 失恋する恐れを抱かず、何度でも恋ができる寅さんのメンタリティに畏敬の念を抱く、今日この頃です。 でも、山田洋次監督の作品で一番好きなのは「学校2」だったりします…。 冒頭に出てくる女優はなんと浜崎…

男はつらいよ

日本の国民的映画「男はつらいよ」。全48作という膨大な巻数を誇る、この名シリーズに最近になって私、どっぷりハマっております。 子供の頃は、寅さんがただの迷惑なおじさんにしか見えないし地味だしで正直つまらなかった本作がどうしてどうして、大人にな…

憧れ《スター・ウォーズ/フォースの覚醒》

ネタバレあり。未見の方は閉じてください。 「またスター・ウォーズのネタかよ」という罵詈雑言が聞こえてきそうですが、「フォースの覚醒」に登場するカイロ・レンはレイアの息子、彼は祖父であるアナキン、つまりはダース・ヴェイダーに憧れを抱いている。…

はじめてのMX4D

二回目の「スター・ウォーズ/フォースの覚醒」を話題のMX4Dで鑑賞してきました。 映像に合わせて座席が揺れたり、背中や尻を小突かれたり、煙や光が出たり、足元をワシャワシャされるそれがMX4D。 もっと音響さえよかったらなぁと思いました。

ベニスに死す

ルキノ・ヴィスコンティ監督の傑作「ベニスに死す」。 ベニスで休暇を過ごす老作曲家がふと出会った少年タジオに究極の美を見出し、ペストの黒い影が忍び寄るベニスの街を火に誘われる蛾のように徘徊する…。 マーラーの叙情的な音楽が印象的なこの映画で、私…

アラン・リックマン

俳優のアラン・リックマンががんのため、69歳で亡くなられたそうです。 好きな俳優だったので残念です。 印象的な悪役が多かった気がしますが、やはり最後のはまり役はなんといっても「ハリー・ポッター」シリーズのセブルス・スネイプだったように思います…

「スター・ウォーズ/フォースの覚醒」

ネタバレあり。未見の方は閉じてください。 観てまいりました。待ちに待った「スター・ウォーズ」サーガの最新作。 正直な話、期待が大きくなりすぎてがっかりするのが怖かったので、「どうせ…」みたいな軽いノリ、淡い期待程度に留め、インターネットを遮断…

SW俳句 ヴォオオオン

「スター・ウォーズ フォースの覚醒」公開記念企画。スター・ウォーズ俳句です。 ウーキー族であるチューバッカの一句。 この句を聞いた時ハン・ソロは「おいおい、それは言い過ぎだろ」と笑ったそうだが、我々にはなんのことやらさっぱりな一句である。 ス…

SW俳句 気になりし…

「スター・ウォーズ フォースの覚醒」公開記念企画。スター・ウォーズ俳句です。 ようやくアナキン・スカイウォーカーを暗黒面に引き入れ、ダース・ヴェイダーとして弟子にしたのは良かったが、この無口で無表情な弟子が時々じっと遠くを見ていると、「なに…

SW俳句 哀れなり…

「スター・ウォーズ フォースの覚醒」公開記念企画。スター・ウォーズ俳句です。 「エピソード1~3」での記憶を完全に消去されたC-3POと違って、過去の記憶をすべて持っていると噂されるR2-D2。 かつての凛々しい大騎士ヨーダの姿を知っているからこそ、ダゴ…

SW俳句 疾きこと…

「スター・ウォーズ フォースの覚醒」公開記念企画。スター・ウォーズ俳句です。 「エピソードⅢ」にてヨーダとともにジェダイ聖堂に乗り込んだオビ=ワン、愛弟子アナキンの凶行と共に彼を驚愕させたのはマスター・ヨーダの素早さだった。 奇声を発しながら…

SW俳句 一言も…

「スター・ウォーズ フォースの覚醒」公開記念企画。スター・ウォーズ俳句です。 ジャバの宮殿から引き上げる時、ようやく視力が回復したハン・ソロの目に飛び込んできたのはものすごいビキニを着たレイア姫。「その服、いかすぜ」なんて軽口を叩こうか叩く…

SW俳句 見られたり…

「スター・ウォーズ フォースの覚醒」公開記念企画。スター・ウォーズ俳句です。 忙しくていつ見に行けるかわかりませんが…。 「チャンバラだ」なんて茶化したりしたけど、実はちょっとだけジェダイに憧れを抱くハン・ソロ。こっそり棒を振り回しているとこ…

SW俳句 密やかに…

いよいよ、明日から公開の「スター・ウォーズ フォースの覚醒」。 それを記念しての特別企画スター・ウォーズ俳句です。 辛うじてダース・モールを倒したオビ=ワン。その後こっそり作ったのが二枚刃のライトセーバー、敵ながらダース・モールの剣にちょっと…

食べたい映画「ゴッドファーザーⅢ」のカンノーリ

今年最後の「食べたい映画シリーズ」は「ゴッドファーザーⅢ」のカンノーリです。 このシリーズを思いついたきっかけになったとも言えるくらい、食べたいお菓子、それがカンノーリです。 カンノーリはイタリアの伝統的なペストリー菓子で、小麦粉ベースの筒状…

スター・ウォーズにハマるとこうなる~エピソード4~

短くはないスター・ウォーズライフを送ってきた私が、スター・ウォーズにハマることで起きてしまう事象、あるいは行動をレベルごとにの記すコーナー、エピソード4、最終章です。もはや引き返すことのできないスター・ウォーズ症状を紹介します。 LEVEL10.リ…

スター・ウォーズにハマるとこうなる~エピソード3~

短くはないスター・ウォーズライフを送ってきた私が、スター・ウォーズにハマることで起きてしまう事象、あるいは行動をレベルごとにの記すコーナー、エピソード3です。いよいよ、理解不能になってくるスター・ウォーズ症状を紹介します。 LEVEL8.スキューバ…

スター・ウォーズにハマるとこうなる~エピソード2~

短くはないスター・ウォーズライフを送ってきた私が、スター・ウォーズにハマることで起きてしまう事象、あるいは行動をレベルごとにの記すコーナー、エピソード2です。ますます、深みにはまるスター・ウォーズ症状を紹介します LEVEL6.折り畳み傘を持つのが…

スター・ウォーズにハマるとこうなる~エピソード1~

さて、12月に入り、今年ももう少しで終わりです。そして、今年の12月はただの12月ではありません、なんといっても「スター・ウォーズ/フォースの覚醒」の公開月なのですから…。(映画ネタが続いてしまって申し訳ないが) 私とスター・ウォーズとの出会いは、…

コンスタンティン

2005年制作のファンタジーアクション映画。監督はMVなどを多く手がけるフランシス・ローレンス。 天使や悪魔の中間的存在「ハーフブリード」が紛れ込んでいる世界を舞台に、末期ガンで余命いくばくもない悪魔祓いのジョン・コンスタンティン(キアヌ・リーブ…

食べたい映画「イングロリアス・バスターズ」のアプフェル・シュトルーデル

2009年公開のクエンティン・タランティーノ監督作品。第二次大戦時のナチス占領下のフランスを舞台に、ヒトラー暗殺を企てるユダヤ人女性と、ユダヤ系アメリカ人の特殊部隊の戦いを描いた映画、タランティーノ最大のヒット作となった作品。 なんといってもこ…

マイナンバー

いつの間にやら導入されてしまったマイナンバーという制度、これに関連するニュースを目にするたびに私はある人物を思い出さずにいられない。 それは「レ・ミゼラブル」の主人公ジャン・バルジャン。無実の人を陥れることに我慢ができず、裁判所で自分の囚人…

オンリー・ラヴァーズ・レフト・アライヴ

ジム・ジャームッシュ監督によるオフビートな映画。これは私だけの印象かもしれないが、ジャームッシュ映画はなんとはなしに見終わって、数週間経ってからもう一度観たくなるような作品が多い。事実この作品も初め観たときは「ふーん」というような印象で、…

セッション

油絵独特の匂いを嗅ぐと、高校時代を思い出します。 「セッション」とは関係ないけど。 セッション コレクターズ・エディション [Blu-ray] 出版社/メーカー: ギャガ 発売日: 2015/10/21 メディア: Blu-ray この商品を含むブログ (3件) を見る