読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

キューライス。

1985年生まれの男。漫画、イラスト、アニメーションなどを描きます。ご質問、ご依頼はこちらのアドレスにどうぞqraisqrais@gmail.com。       キューライス制作の短編アニメーション「すばらしい仕事」公開中https://www.youtube.com/watch?v=tWVb0_DdyrA

井戸

セルにアクリルで着彩。 ツルツルした面に線を引くとクニャクニャして、それが楽しい。

出迎え

セルにアクリルで着彩。 最近好きな木の描き方。

無題って

こういう絵を描いたとして、ここでこうやって発表しますよね?そのときになにかしらのタイトルをつけなくちゃならないわけですが、正直、タイトルなんてないんです。 だから大勢がそうするように「無題」ということになるのだけど。 「無題」ってなんか気取…

トランプ

トランプができない。 ポーカーと神経衰弱しかできない。 ソリティアも七並べもダウトもページワンも知らない。わからない。 実はポーカーも厳密にはスリーカードとストレートフラッシュ、どっちが強いのかもわからない。検索する気にもならない。 31年の人…

ビニールプール

セルにアクリルで着彩。 最近、純粋なイラストをサボっていた…。 こんな家に住みたいな。ビニールプールの匂いがすきだ…。

ゾンビ

先日記事にした映画「アイアムヒーロー」、それに登場するゾンビ、ZQNは普段はノロノロだが獲物を見つけると全力ダッシュするスナイダー監督の「ドーン・オブ・ザ・デッド」タイプのゾンビだった。ただ、生前の習慣に従って行動する習性はロメロ監督の「ゾン…

豊島園「庭の湯」体験記〜後半〜

そんな天井にぶら下がった桶に後ろ髪を引かれながら、次に私が向かったのは更衣室。 ロッカーから私が引きずり出したのはなんか椰子の木のようなものが印刷された水着。そう、ここ「庭の湯」には全裸で入る温浴ゾーンと、水着を着用して入る「バーデゾーン」…

豊島園「庭の湯」体験記〜前半〜

こんにちは、もはやこんな感じのTシャツを着てもおかしくないくらいスーパー銭湯とサウナ&水風呂が好きなキューライス。 平日のとある昼下がり、突然思い立ち豊島園の横にあるスーパー銭湯「庭の湯」へ赴いた。 なんといっても立地がすごい、シネコンと遊園…

カレー

カレーが好きだ。 もはや断片しか残っていない幼稚園時代の記憶も、残っているものといえば「お泊まり会のカレーがおいしかった」という事だけだったりする。 お蕎麦屋さんの出汁の効いたカレーも、ネパール料理屋のカレーも、カレースタンド、牛丼屋のカレ…

大河あるある〜ラスト〜

NHK大河ドラマでよくある、ありそうなシーンを抜き出すコーナー、名付けて「大河あるある」ラスト。ちなみに一番好きなオープニング曲は「新撰組!」です。 ・霊になって現れる 志半ばで倒れてしまった武将が、御館様の前に亡霊となって現れるのは大河ではあ…

大河あるある〜その3〜

NHK大河ドラマでよくある、ありそうなシーンを抜き出すコーナー、名付けて「大河あるある」その3。 ・若い頃、甘さを咎められる 一年をひっぱる大河の主役たるもの、甘いくらいの優しさがないと厳しいのだろうか、追い詰めた相手を見逃して逆に斬られそうに…

大河あるある〜その2〜

NHK大河ドラマでよくある、ありそうなシーンを抜き出すコーナー、名付けて「大河あるある」その2。 ・刀に動じない 武将や姫が敵地に乗り込み、直談判。そこで突きつけられる刀や槍にいっさい動じない、というのも大河ではよくみる景色。 ・広大な景色に語…

大河あるある〜その1〜

日本の国民的番組であるNHKの大河ドラマ。 一年という長きに渡って武将なり姫なりの人生を追体験し、様々な出会いや別れ、運命のいたずらなどに一喜一憂する長寿番組。 幼い頃から老人になるまでの様子を1年もかけて追うためか、さながら自分の子や孫を見守…

ソフトとアイス

こんにちは、サイダーキャンディーを口に含みながら、お風呂で本を読むのがマイブームのキューライスです。 ゴールデンウィーク1日目と世間では言われています、皆様はどのように過ごされますでしょうか? ちなみに私は今日も明日も、明後日も仕事です。是非…

ガジュマル

我が家にある唯一の植物、それがガジュマルです。 東急ハンズへ新しい食器を買いに行った時に、日光の当たらない棚の奥に置かれていたのが可哀想になって購入した。 ガジュマルといえばキジムナーという精霊が宿ることで有名なので、この小さな植物にもキジ…

歯茎検査

空襲と歯医者が嫌いなキューライス。 年に一度の検診は私にとっては清水の舞台から飛び降りるくらい勇気がいること。それでも健気に検診を受けるのは、受けなかったら受けなかったで「もしかして深刻な虫歯が着々と進行しているのかも…」という不安で頭がい…

キョンキョンと日本酒

このあいだ、キョンキョンの出演する「落語と利き酒を楽しむ会」に参加してきました。ちなみにキョンキョンとは落語会のオールラウンドプレーヤーこと柳家喬太郎師匠の愛称です。 その名の通り落語を聴きながら、利き酒をする洒落た会である。 場所は新橋演…

ヘッペルモルゲン

これはヘッペルモルゲンという名前の草食動物です。 口の周りの青く見える部分が青髭みたいだと言われますが、実際に青髭です。 セルにマジックで線を引き、アクリルで着彩。楽しいのだけど、忙しくてデジタルペイントばかりです…。

春を返せ

春を返せ 暖かくなることに胸躍らせる心を返せ 陽気を浴びて胸いっぱいに深呼吸できる喜びを返せ 無残に消費されたティッシュたち 耳が痛くなるまで着けるマスク 愛しい春は音もなく、知らないうちに奪われた ああ、返せ返せ 春を返せ 作:キューライス

忙しくて…

いつもこのブログを見てくださっている皆様…、まことにありがとうございます。 去年は毎日更新していて、今年に入ってからは二日に一回更新してきましたが、それが厳しくなってきたかもしれません。というのも、今年に入ってから仕事がものすごく忙しくなっ…

「是非に及ばず」講座〜その6〜

織田信長の最期のセリフ「是非に及ばず」(あれこれ言っても仕方ない)を現代ではどのような時と場所で使えるかを紹介するコーナー。 楽しかったこのコーナーもいよいよ最後、「是非に及ばず」講座〜その6〜です。 ・アイスをちょっと溶かしてから食べようと…

「是非に及ばず」講座〜その5〜

織田信長の最期のセリフ「是非に及ばず」(あれこれ言っても仕方ない)を現代ではどのような時と場所で使えるかを紹介するコーナー。 「是非に及ばず」講座〜その5〜。 ・友人がポテトを予想以上にたくさん持っていった時 「少しちょーだい」と言って大量の…

「是非に及ばず」講座〜その4〜

織田信長の最期のセリフ「是非に及ばず」(あれこれ言っても仕方ない)を現代ではどのような時と場所で使えるかを紹介するコーナー。 「是非に及ばず」講座〜その4〜。 ・元カノに新しい恋人ができたらしい、と友人に言われたとき 「別におれ、もう関係ない…

「是非に及ばず」講座〜その3〜

織田信長の最期のセリフ「是非に及ばず」(あれこれ言っても仕方ない)を現代ではどのような時と場所で使えるかを紹介するコーナー。 「是非に及ばず」講座〜その3〜。 ・ポケットにレシートが入ったまま洗濯してしまった時 「是非に及ばず」とつぶやき、心…

「是非に及ばず」講座〜その2〜

織田信長の最期のセリフ「是非に及ばず」(あれこれ言っても仕方ない)を現代ではどのような時と場所で使えるかを紹介するコーナー。 「是非に及ばず」講座〜その2〜です。 ・カップ焼きそばの蓋を全部剥がしたとき 豪快さがときに裏目に出ることもあります…

「是非に及ばず」講座〜その1〜

私が最近よく使う言葉に「是非に及ばず」があります。 本能寺を襲撃された際に、明智の謀反と知った信長が言った放った言葉とされています。 諸説あるようですがざっくり言うと「(起きたことに対して)あれこれ言っても仕方ない」という意味らしいですが、…

スパラクーア体験記〜後半〜

はじめて後楽園のスパラクーアを訪れたキューライス。 16時のロウリュを受けるために5分前にヴィルデンシュタインという名のサウナにスタンバイ。 ヴィルデンシュタイン…なんだかルーマニアの城みたいな名前だ。 ロウリュを求めて次々に一糸まとわぬ益荒男た…

水中散歩

だいぶ前の話になってしまうのですが、1月中旬ごろ、ときどき赴く公園で水中を散歩する犬を見かけました。 結構深いであろう池を寒空の下嬉しそうに泳いでいましたが、「犬は風邪をひかないのか?」というネット検索するには至らない程度の疑問を抱えてしま…

スパラクーア体験記〜前半〜

こんにちは、スーパー銭湯で魂の洗濯をすることが一種の生き甲斐のキューライスです。この度、初めて後楽園のスパラクーアを訪れました。 玄関の熱帯魚の群れ、清潔な店内、落ち着いた雰囲気、フロントの方のタブレットを使ったスマートな解説、完全電子ロッ…

真田丸

普段まったくテレビを見ない私が、唯一視聴しているのが大河ドラマ「真田丸」。 歴史が好きというのが大きいが、三谷幸喜さんの脚本によるやりすぎないコメディ的要素、権謀術数の限りを尽くして戦国乱世を渡り歩く真田昌幸の手のひらの返しっぷりが楽しい。…

ふと、思ったのですがカップ焼きそばって、焼いてないですね。

下校寿司

下校しているときにふとカッパ巻きに出会うことってありますよね。

マンホールおじさん

…なぜこんな絵を描いたのか思いだせない。なぜ、マンホールでおじさんなんだろう…、大丈夫かキューライス。

落語か落語でないか

人間は二つに分類することができるといいます、「落語か」「落語でないか」の二つです。 落語を「人間の業の肯定である」と定義した立川談志は「落語は忠臣蔵の討ち入りした方じゃなく、逃げちゃった残りの赤穂藩士253人が、どう生きるかを描くもんだ」と言…

のどに星

幼い頃の一番辛かった記憶、歯医者の次に思い出されるのは星の形をしたキャンディーを喉に詰まらせた時のことです。 家族で泊まりがけでスーパー銭湯に行き、そこのゲームコーナーで取ったキャンディーでした。何度吐いても取れず、地獄の苦しみを味わいまし…

森太鼓

和太鼓を誰もいない森の奥深くで、思う様打ち鳴らしてみたい…。 最近、そんなことを考えています。

さよならツリー

新人アシスタント

セルにアクリル。 「君は新人だから、今日は見てるだけでいいからね」って言った結果がこうです。

サビ

すこし恥ずかしい話ですが、私はお寿司はサビ抜きで食べます。食べられないことはないのですが、「鼻にツンと来たらどうしよう」という恐怖がぬぐえず、ぬぐわぬまま大人になってしまったのです。 回転寿司屋で大の大人がいちいち「サビ抜きで!」と注文する…

このまえ男子が話してたやつ

セルにアクリルで描いてます。 びみょうな塗りムラが楽しい。

スーパー銭湯動物園〜その5〜

「コミツメホホエミ」 湯船ではしゃぎ回る我が子を微笑みながらみつめることでこの学名がついた。 天敵は今や絶滅危惧種になってしまったガンコシタマチジジイ。 「ジャポニカアセトバシ」 主にサウナに生息する珍獣、流れる汗を手をワイパーのようにしてひ…

スーパー銭湯動物園〜その4〜

「オオハミガキオエツ」 スーパー銭湯にこだまする不思議な鳴き声の正体はこの種である。 なぜ、嗚咽を漏らすレベルのところまで歯ブラシを突っ込むのか、それは近代哺乳類学最大の謎と言われている。 「アジアシャワークイ」 同じくオエツ目の動物である。…

スーパー銭湯動物園〜その3〜

「イリユドノオタケビ」 浴槽に身を浸す際に大きな声を出すことで周囲を威嚇する銭湯動物。サウナに入る時に「アチー!」、水風呂に入る時に「チメテー!」と鳴くこともあり、頭によぎった言葉をすべて発してしまうある意味で嘘のつけない、素朴な動物である…

スーパー銭湯動物園〜その2〜

「アラビアカオカクシ」 霧深い熱帯やサウナに生息する動物。 顔にカラフルな布を巻き、あえて局部を晒すことで力を誇示する種。生態はタオルではなく、謎に包まれている。 「オオカオアライ」 ひたすらに顔を洗い続ける動物。顔を洗うことで自分の顔を湿ら…

スーパー銭湯動物園〜その1〜

小学生の頃から週に一度は必ずスーパー銭湯に通っていたキューライスです。 今でも最上の贅沢は時間を忘れてスーパー銭湯に入ること。 サウナで汗を流し、水風呂で引き締め、露天湯で空を仰ぎ、ジャグジーの気泡を見つめる…。 そんなスーパー銭湯で私が見か…

怖い話

私は怖い話が好き。 古今東西、あらゆる怖い話、不思議な話。とくにオチが明確でない話が好きで、「結局なんだったのかわからない」みたいな話が大好きなのです。 やっぱり人間、一番怖いのは「よくわからない」ものだと思うのです。だから怪談でも文末に「…

ペンギン

都心でも久々に雪が降りましたね、動物園のペンギンやシロクマたちの喜ぶ姿を心に描きつつ、MacBookを叩いております。雪が積もると音を吸い取って街がすこし静かになるので好きです。 ところで2016年の新しい試みとしていつもと違う技法でイラストを描いて…

VHS

私はぎりぎりVHSと付き合った世代です。今でも時々ですが、DVDのレンタルショップへ行くときに「ビデオ屋に行く」と言ってしまう時があります。 しかし、いつのまにやら完全にDVDに淘汰され絶滅したVHSたちは、今どこで何をしているのでしょう。 補陀落渡海…

私の手はこんな感じなんです。 ちょっと似てるんです。 あれに。 「エイリアン」のフェイス・ハガーに。 ちょっとでも怖さが紛れたらと思ってうさぎにしてみたけど、余計に怖くなっちゃいました。 ちなみに「エイリアン」は2が一番好きです。 エイリアン2 […

手紙

2001年、私が高校一年生の頃は今のようにi-phoneは無く、ましてやLineなんてものなんて存在すらしていなかった時代でした。 じわじわと高校生にも携帯電話が普及し始めた頃、私はまだ携帯電話を持っていませんでした。そんな高校一年生の夏休みのとある日、…