読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

キューライス。

1985年生まれの男。漫画、イラスト、アニメーションなどを描きます。ご質問、ご依頼はこちらのアドレスにどうぞqraisqrais@gmail.com。       キューライス制作の短編アニメーション「鴨が好き」公開中https://www.youtube.com/watch?v=48-RA4BNXVc

「ウサギと行く横浜・八景島日帰りの旅⑨~聖地巡礼はウサギの慟哭に消ゆ~」

火照った体を浜風に冷ましながら我々は最後の目的地、日の出町に向かった。 「あまちゃん」も「半沢直樹」も、一秒たりとも見たことがない私とウサギが唯一見るテレビドラマが「孤独のグルメ」。 中年の男がただただ美味そうに飯を食べるだけのドラマだが、…

「ウサギと行く横浜・八景島日帰りの旅⑧~万葉倶楽部来訪期、露天風呂と足湯編~」

しばらくして、私とウサギは露天風呂に出てみた。 サウナで火照った身体を外気浴によって冷ますのもまた一興なのである。 外の柵から見下ろすと、はたして絶景であった。新港埠頭から横浜ベイブリッジまで見渡す事が出来たし、下に目を移すとカップヌードル…

「ウサギと行く横浜・八景島日帰りの旅⑦~万葉倶楽部来訪期、サウナ編~」

みなとみらい駅から降りて五分の海沿いのビルにスーパー銭湯「万葉倶楽部」はあった。 エレベーターで7階に上がったところがフロント。平日の午後だというのにそこそこのお客さんで溢れている。 気もそぞろに鍵を受け取ると、館内着を取り、更衣室へ向かう。…

「ウサギと行く横浜・八景島日帰りの旅⑥~クレープのやさしさ、じゃびゃくしんと私とうさぎ~」

「アイスファンタジア」の魔力で急に体温とテンションを奪われた我々はフラフラとその隣にあったマリオンクレープに立ち寄る。 ここは一つクレープの優しさに慰められたいし、なによりこんな時でもないとクレープなんて口にする機会がない。 イチゴと生クリ…

「ウサギと行く横浜・八景島日帰りの旅⑤~ぬっとりアシカとシロクマの忘れ物の真偽~」

素敵な海育体験を済ませた我々は残す最後のコーナー「ふれあいラグーン」へと向かう。文字通りここでは様々な海の仲間達に触ることができるのだ。 可愛い動物は取り敢えず触っておきたい私にとってはなかなか魅力あふれるコーナー。わきわきと私の右手も期待…

「ウサギと行く横浜・八景島日帰りの旅④~釣り針外しの修羅の顔、恐怖の秒速フィッシング~」

そのあと、我々は「うみファーム」なる施設を訪れた。 「食育」ならぬ「海育」を推進することを目的としたこの場所では、どうやら自分で魚を釣ったりできるらしい。その証拠にこのコーナーの近辺ではスピーカーから「釣って取って食べる♫」とご陽気なメロデ…

「ウサギと行く横浜・八景島日帰りの旅③~海底に揺蕩う異星の生物XとうさぎのビタミンD~」

ところで、私が水族館で地味に好きな生き物のひとつが世界最大の節足動物タカアシガニだ。薄暗い水槽にのっぺりと佇む巨大な蟹の群は、蟹というより異星に生息する未知の生物のようで、ものすごく怖い。 小さい子供が水槽のそばに立つと思わず「危ない!逃げ…

「ウサギと行く横浜・八景島日帰りの旅②~コビレゴンドウ男はセイウチに恋をする~」

ショーを見終えると、我々はさっそくアクアミュージアムを順路に従って見て回ることにした。 ふと、入り口に置かれた「八景島シーパラダイス うみおみくじ」のガチャガチャが気になった、イルカを見てテンションが上がっていた私はさっそくやってみることに…

「ウサギと行く横浜・八景島日帰りの旅①~癒やし不足が引き起こすイルカ涙~」

新作短編アニメーション「鴨が好き」の仕上げ作業も残す所、約600枚になった2月の13日、私は心身ともに疲れ果てていた。 その疲労度は、行きつけの鍼灸院で担当に「キューライスさん、左の肩が盛り上がってますよ」と言われるレベル。 そう、私は癒しを必要…

「ウサギと行く東京ディズニーランド⑩~カルロスの忍耐と箱婆さんの占星術~」

20時、遠くの方をエレクトリカル・パレードの光が移動している、人の波をかいくぐるようにしてなんとかファンタジーランドに出ると、「プーさんのハニーハント」がスタンバイ10分だった。人気アトラクションにしてこの待ち時間はなかなか無いことである。 さ…

「ウサギと行く東京ディズニーランド⑨~疑惑のピノキオと落ちてくる花火~」

19時、それから私たちはなんとなくファンタジーランド方面に足を運んだ。 「ピノキオの冒険旅行」が待ち時間5分だったので乗ってみる。木でできた可愛らしいトロッコに乗って進むが、楽しいシーンは一瞬で終わり、あとは人さらいやらロバに変えられた子供た…

「ウサギと行く東京ディズニーランド⑧~別れのドライブと攻める傾斜角度~」

ミッキー邸をあとにするとあたりはすっかり暗くなっていた。 トゥーンタウンの出口近くにあるアトラクション「グランドサーキット・レースウェイ」の明かりが目に入った。 このアトラクションはいわゆるゴーカートのようなものだが、歴史は古く1983年の開業…

「ウサギと行く東京ディズニーランド⑦~ホテルのタオルと男の握手~」

17時、我々はトゥーンタウンへ向かう。 トゥーンタウン、文字通りトゥーンたちの住む街のことでロバート・ゼメキス監督の傑作「ロジャー・ラビット」に登場する。 図らずもウサギを連れた私、気分はロジャー・ラビットを連れて歩くエディ・バリアントである…

「ウサギと行く東京ディズニーランド⑥~槍ウサギと失われた干し首~」

15時、ブルーバイユー・レストランを出た我々はなんとなくトゥモローランド方面を歩く。ふと見ると「スター・ツアーズ:ザ・アドベンチャーズ・コンティニュー」のスタンバイが5分だった。 2013年にリニューアルされたばかりだというのに大丈夫か?などと思…

「ウサギと行く東京ディズニーランド⑤~オルツォってなんだ、ブルーバイユー~」

時刻は14時、空腹を覚えた私たちは遅めの昼食を摂るためアドベンチャーランドの「ブルーバイユー・レストラン」に向かった。事前にインターネットでプライオリティーシーティングで予約を取っていたのですんなりと入れた。 昔は並べば入れたが今では完全予約…

「ウサギと行く東京ディズニーランド④~白人の笑顔と無呼吸ブーツ~」

ホーンテッドマンションを出た頃には時刻は12時。 喉が渇いた私たちはアイスコーヒーを買い、ベンチで飲んだ。こうして次はどこへ行こうか考えあぐねる時間というのもディズニーランドの醍醐味の一つだろう。友人や恋人と来ると気を遣い、あまり自由に振る舞…

「ウサギと行く東京ディズニーランド③~くつろぎのバギーとハイテンション市村正親~」

それから私たちはホーンテッドマンションへ向かった。 999人の幽霊がルームシェアしているこのマンションでは、この時期ハロウィン・タウンからジャック・スケリントン氏を招致して「ホーンテッドマンション・ホリデーナイトメア」が催されている。 20分のス…

「ウサギと行く東京ディズニーランド②~貪欲ウサギと憧れの開拓小屋~」

9時30分、ピザをぺろりと平らげた私たちはウェスタンランドの一角にシートを敷くと腰を下ろし、じっと待機する。 10時35分に開催される、この時期のパレード「ハロウィーン・ポップンライブ2016」(10月31日で終了)なるものを万全の位置で見るための待機で…

「ウサギと行く東京ディズニーランド①~指チュンの恐怖とモーニングピザ~」

10月、気持ち良い秋晴れの木曜日、私は友人のウサギと二人京葉線に乗り舞浜の地に降り立った。今日は二人で東京ディズニーランドに行くのだ。他の遊園地を圧倒し続ける一大娯楽施設、いつ来ても溢れんばかりの来園者でいっぱいの夢の王国…。 そんなディズニ…

東池袋訪問記 ラーメン屋の猫と再会のオケシャワー~後半~

大勝軒本店をあとにした私は次の目的地であるスーパー銭湯「タイムズ スパ・レスタ」を訪れた。 初めて訪れるスーパー銭湯、サンシャインシティの目の前にあるビルの10階~12階に位置する都会型銭湯だ。 エレベーターにのってロビーに行き、ロッカーに靴を預…

東池袋訪問記 ラーメン屋の猫と再会のオケシャワー~前半~

池袋。 私にはあまり縁のない土地、なんとなくサンシャインシティという大きな建物があることと、池袋演芸場があること、そして、昔見ていたドラマ「池袋ウエストゲートパーク」の舞台であることなどの大雑把な情報しか持っていない街。 よく晴れた土曜日の…

「ウサギと行く4泊5日広島旅行~5日目「帰宅人間、懐に忍ばせた高級あなご弁当」~」

旅行最終日。 朝7時に起きるとワシワシと部屋を片付ける。ウサギは持参したコロコロで自分の抜け毛を掃除している、こういうところはとてもマメな奴なのだ。 ホテルのささやかなテーブルの上にはこの数日間の私の行動教則となってくれた「遊びつくす!広島・…

「ウサギと行く4泊5日広島旅行~4日目「離脱ウサギとレモン牛乳がぶ飲み甲子園」~」

この日は朝から平和記念公園を訪れ、祈りを捧げた。 そのあと、広島平和記念資料館も訪ねた。数々の遺品の無言の訴えに戦慄する。 どんな理由があろうともあの行為は正当化してはならないと感じた。 ハリウッド映画なんかでよく登場人物が「ヒロシマの◯倍の…

「ウサギと行く4泊5日広島旅行~3日目「呉灼熱!鋼鉄クジラと配られた氷」後編~」

その後、私たちは「大和ミュージアム」目の前にある「てつのくじら館」に入った。 なんと入場無料である。中には海上自衛隊の掃海の歴史や、潜水艦の資料などが展示されていて、特に実際に就航していた潜水艦「あきしお」に乗船できるのが楽しい。 「実際の…

「ウサギと行く4泊5日広島旅行~3日目「呉灼熱!鋼鉄クジラと配られた氷」前編~」

三日目はかつて軍港や工廠などで栄えた呉へ行く。 10時到着。気温36度…、この日もカンカン照りで猛烈な残暑だ。外にいるだけで汗が湧き出てくる。 呉駅から脇目も振らずに「大和ミュージアム」に行く。 大東亜戦争時の軍艦や兵器、呉にまつわる歴史的な遺物…

「ウサギと行く4泊5日広島旅行~2日目「鹿糞ウサギと高閉所恐怖男の汗、厳島添え」後編~」

幸い空いていたので4人乗りのロープウェーをウサギと二人きりで乗ることができた。乗り場にはロープウェーの窓の位置に合わせて簡易クーラーが設置されていて涙が出るほど嬉しかった。そして、ロープウェー特有の不安定な揺れを醸し出しながら出発する。 眼…

「ウサギと行く4泊5日広島旅行~2日目「糞誤解ウサギと高閉所恐怖男の涙、厳島添え」前編~」

8時に起床。 コンビニで買ったカレーパンを胃に流し込み、ホテルを出て、路面電車、JRを経て、宮島口へ。そこからフェリーに乗って一路、厳島神社を目指す。 さすが世界遺産、あたりは外国人ばかりである。 フェリーを降り立つと土産物屋が立ち並ぶ海沿いを…

「ウサギと行く4泊5日広島旅行~1日目「牛めしウサギと広島走りの汁なし男」後編~」

新幹線に揺られて約4時間の後、新幹線は広島駅にたどり着いた。 広島県のゆるきゃら「もみじまんじゅうのもみもみくん」(想像)に脇腹を揉まれたらどうしようなどという不安を胸に私は初めての広島の大地を踏みしめた。 ホームに降り立った私たちの胸に一つ…

「ウサギと行く4泊5日広島旅行~1日目「牛めしウサギと広島走りの汁なし男」前編~」

広島。 真っ先に頭に浮かぶのはやはり「原爆」。 小学生の頃、何度も繰り返し読んだ「広島のピカ」という絵本は今でも印象深い、それから、昭和史(主に大東亜戦争前後)にまつわる本ばかり読む私にとっては、日本一の海軍工廠の街として栄えた呉市があるこ…

旅行

出不精というとそれっきりだけど、私はめったに旅行をしない。 どこか遠くへ行って新しい経験をするのはとても魅力的だとは思うのだけど、私にはやらなくてはいけないような気がするいろんなこと(おもに自主制作の短編アニメーションの作画)があるし、なに…

豊島園「庭の湯」体験記〜後半〜

そんな天井にぶら下がった桶に後ろ髪を引かれながら、次に私が向かったのは更衣室。 ロッカーから私が引きずり出したのはなんか椰子の木のようなものが印刷された水着。そう、ここ「庭の湯」には全裸で入る温浴ゾーンと、水着を着用して入る「バーデゾーン」…

豊島園「庭の湯」体験記〜前半〜

こんにちは、もはやこんな感じのTシャツを着てもおかしくないくらいスーパー銭湯とサウナ&水風呂が好きなキューライス。 平日のとある昼下がり、突然思い立ち豊島園の横にあるスーパー銭湯「庭の湯」へ赴いた。 なんといっても立地がすごい、シネコンと遊園…

キョンキョンと日本酒

このあいだ、キョンキョンの出演する「落語と利き酒を楽しむ会」に参加してきました。ちなみにキョンキョンとは落語会のオールラウンドプレーヤーこと柳家喬太郎師匠の愛称です。 その名の通り落語を聴きながら、利き酒をする洒落た会である。 場所は新橋演…

スパラクーア体験記〜後半〜

はじめて後楽園のスパラクーアを訪れたキューライス。 16時のロウリュを受けるために5分前にヴィルデンシュタインという名のサウナにスタンバイ。 ヴィルデンシュタイン…なんだかルーマニアの城みたいな名前だ。 ロウリュを求めて次々に一糸まとわぬ益荒男た…

スパラクーア体験記〜前半〜

こんにちは、スーパー銭湯で魂の洗濯をすることが一種の生き甲斐のキューライスです。この度、初めて後楽園のスパラクーアを訪れました。 玄関の熱帯魚の群れ、清潔な店内、落ち着いた雰囲気、フロントの方のタブレットを使ったスマートな解説、完全電子ロッ…